• Kengo Fujisawa

Blogを始めます

こんにちは、藤澤賢吾と申します。

3月2日からMotionGalleryにて映画『A bare heart in the sun』を作るための、クラウドファンディングを開始する予定です。(只今プロジェクトの審査中)

作家として出発するにあたり、情報発信をしていくためのプラットフォームとして

Blogを始めます。

映画制作の進捗状況もここで発信していこうと思います。



本題ですが、映画『A bare heart in the sun』の完成には手探りなことだらけで

様々な困難があると思っています。

今思いつく大きな問題はこの3つ

  1クラウドファンディングは成功するのか、支援者は集まるのか

  2キャストはどのような方法で集めるのか

  3ロケ場所の問題、イメージ通りの場所で撮りたいですが

   公営アパートや学校をなどはおそらく使わせてもらえないと思います。


クラウドファンディングが成功しなければ、作れません。

自分の今の財政状況は、NPO法人で働いている給料が、月給手取りで10万3千円、貯金はありません。クラウドファンディングor+借金でやるしかないです。


「どうすれば支援してくれる方を見つけられるか」については、まず、こういう人間が

ここにいるということを知ってもらうことが大切だと思うので、

そのために作った2つの短い作品と共に、HP、Youtube 、Facebook 、Twitterで情報を発信していきたいと思っています。が・・どうやれば情報が広められるかが、よくわかっていません。


キャストついては今住んでいる愛媛県松山市では市民ミュージカルが盛んらしいので、その関係者にあたってみようと考えているのですが・・。

キャストには謝礼を払って契約をしたいと思っているので、

クラウドファンディングで集まる金額の見込みがたってからでないと動けません。声をかけるくらいならできるかもしれませんが・・。


ロケ場所は公営アパートが無理であれば、賃貸の古い一軒家。

学校が無理であれば、廃校した学校の校舎を探す。

できればイメージ通りの場所で撮りたいですが、無理であれば、代わりになるロケ地を

なんとか探したいです。


今のところ、何も行動を起こしていない浅はかな自分の考えとしては、

これくらいのアイデアしか浮かびません。

その他にも、様々な困難が待っていると思います。

みなさんのご意見、ご感想、アドバイスをお聞きしたいので、もしございましたら、

Facebook かTwitterに書き込んでください。

最新記事

すべて表示

「伝える」ということ

今まではすべてが自分の中で完結していました。 しかし、これから映画製作をしていく中で色々な方々と繋がり、そこから新しく生まれるものを見つけていかなければなりません 映画に参加したいとおっしゃってくださる方々も、それぞれの想いを持って参加することと思います。 自分自身もその方々に熱意を持って自分がやろうとしていることを伝えていかなければなりません 近日中に「自分にだけわかる絵コンテ」を「他の方が見て

色々わかりました

クラウドファンディングもSNSも実際やってみると思い描いていたようには、いきませんでした。 色々わかりました。 クラウドファンディングは無名で個人的な作品は、資金を集めるのは難しい 0円終了の可能性も十分あります。 Twitterは拡散力があると言っても、沢山の人が共有している分野にはまれないと難しいと思いました。 自分をわかってもらおうと短い作品を2作品作りましたが、どのジャンルにもはまれない

クラウドファンディング開始しました

なんとか映画『A bare heart in the sun』を作るためのクラウドファンディングを MotionGalleryさんで開始することができました。 https://motion-gallery.net/projects/KengoFujisawa 宣伝能力が低いので、どのくらいの人たちが反応してくれるかわかりません。 自分の作品がどれほどの価値をもつ物なのかもわかりません。 手探りしな

2020 by Kengo Fujisawa映画lafilleauxde@gmail.com