A bare heart in the sun

​はじめまして、藤澤賢吾と申します。
今回、映画『A bare heart in the sun』の制作にあたり
 
大人のキャストは集まりましたが、子供のキャストが埋まらず
各所を当たっております。
​演技をやりたいという子はいると思いますが、そういう子やその親御さんと
繋がる手段がなかなかありません。
市民ミュージカルを主催する市や、芸能関係団体にコンタクトを取りましたが、ここ愛媛では難しいようです。
只今、チラシのポスティングをしており
演じたいという子やその親御さんに繋がれる可能性を追いたいと思います。
​多少なりともご迷惑をおかけすると思いますが、
ご理解のほどよろしくお願い致します。
​あらすじ

小学3年生の男の子が家に帰ると、父親が震えながら椅子に座っていた。

台所へいくと、母親が血を流して倒れている。

母親を殺してしまった父親は、泣きじゃくる男の子を横目に

衣装ケースに母親を詰め込み押し入れに隠す

父親と男の子との二人の生活が始まり、

男の子は現実感のない現実を日常生活として生き、

​彼の生きたいという欲望が様々な形でこぼれだしていく。

絵コンテ
​出演者募集チラシ
急募〆画像.jpg

小学校3~5年生と記載されていますが、6年生も可です。

スケジュールはそれぞれの空いている時間をすり合わせ、決定いたします。

移動費/移動時間などの問題をクリアできそうな方であれば、

高知、香川、徳島、岡山、広島の方でもご応募してください。

​ご応募は下のメールアイコンから。

映画 『A bare heart in the sun』企画書

この『A bare heart in the sun』は、私、藤澤賢吾の初映画作品となります。

脚本・撮影・音楽・編集とキャスト以外の役割は自分がやります。

この映画で、映像と音・音楽の新しいアンサンブルを模索し

独自のスタイルを確立したいと思います。

         

                   

     

  • Twitter

2020 by Kengo Fujisawa映画lafilleauxde@gmail.com